桜坂の家

納入事例

コンセプト

阪神間の斜面地に建つ若い夫婦のための家。
斜面に添うように2階建てのボリュームをずらして配置し、眺めの良い最上階を居間、食堂、台所とし芝生の屋上庭園を設けた。
地下1階は玄関と和室、1階は寝室、子供室、水廻り諸室としている。
地盤には柱状改良を施し、山側は一部鉄筋コンクリートの壁を設け、基礎スラブを厚くして重心を低く押さえることで、厳しい敷地条件に対処する構造とした。(横内敏人建築設計事務所 / 横内敏人)

住まい手の声-暮らしの感想-

無垢の木材の家に暮らしてみて感じたことは、まず、“落ち着く“という感覚です。
木材の持つ、香りや柔らかさや温もりがやっぱり人には馴染むんだと、自然素材の素晴らしさを日々体験しています。

木材仕様

構造材・端柄材

杉 桧

軒天

杉 源平生節(埋木) 巾150㎜×厚15㎜

天井板

杉 源平生節(埋木) 巾150㎜×厚15㎜

一部 桧 ムジ 巾120㎜×厚12㎜

化粧の棟木や梁は、極力節の少ない材での指定があり、在庫ではなかった為製作期間を多くいただき、製材するところから始まりました。完成後、実際に現場を見学させていただきましたが、空間のポイントとなる大事な材だったことがよく分かりました。事前に情報をいただき納期を長くいただけたからこそきれいな材を製作することができたと思います。
天井板や軒天が、大工さんによる材の選別により美しく張り上がっている様子も圧巻。色や節の具合で、適材適所に丁寧に木配りされていて、天井が空間の質を左右する大切な要素の一つなんだなと実感しました。
限られた予算の中で、良質な空間を作り上げるんだというプロ意識にも感動しました。

撮影

小川重雄

関連事例

内装材

桜坂の家

横内敏人建築設計事務所
#内装材、#天井板・壁板、#構造材

内装材

609

ninkipen!一級建築士事務所
#内装材、#天井板・壁板、#小幅板風羽目板