日本の山と住まいをつくる

杉と桧と住まいをつくる

日本の山と住まいをつくる

納入事例

コンセプト

お子さんが生まれ、賃貸で住んでいるところが狭く感じる、お子さんが安全に歩き回れる家でない、暑さ寒さが快適でないなど、そして家族で熊野に家を持ちたいということから、家づくりを考えられるようになり、中古の戸建て住宅を購入して、リフォームしたいと、お話をいただいた。

購入前に、物件の構造の状態、白アリ等の状態、近隣環境、建物のボリューム、そしてリフォームで間取り変更ができるかなどを一緒に見に行き、検討し、購入に至った。

【現状の課題】

・和室2間続きで、暗く感じる。

・2階は子供部屋を増築したこともあり、部屋を介する動線。

・築45年、耐震診断を受けると「倒壊の恐れあり」との判定。安全性を確保したい。

・外壁や瓦等が劣化している。

・水回りも劣化しているので、新しくしたい。

・断熱材が不十分で、温熱環境が不安。

 

これらの課題を受けて、まず①耐震補強すること、②必要な断熱材等を入れ、断熱性を高めることを計画。(※①②について、基準をクリアし、補助金事業にも取り組んだ。)


間取りについては、改築の為、物理的な面積広さは変えられないが、なるべく視線が飛ぶよう、1階の2間の和室とDK、廊下の間仕切りを取っ払い、家族みんなが集まれ、キッチンからLDにいる家族へ目が届くよう一体空間とした。また、道路向かいに集合住宅が建っていることから、外からの視線を感じず過ごせるように、元広縁だったところをランドリースペースとし、そこから障子を介して間接的な光を取り込む工夫をした。

動線については、玄関からランドリースペース、LDK、水回りと、心地よく回遊できる家にした。外観については、外壁材が老朽化していたこともあり、今回は、古い町並みになじむ木の外壁とした。
リビングの天井には、「HInokinoHI」の試作品を施工し、床には、桧の小幅の床材を採用し、桧というと、和のイメージが強いが、桧のほんのりピンク色の床と天井が、愛らしい空間の演出にもなった。「HInokinoHI」の凹凸が天井に陰影をもたらし、空間にリズムを付けてくれた。強いご要望もあり、リビングには、薪ストーブも取り付けた。
冬、外が寒い時期でも、火のゆらぎを眺めながら、木に囲まれた空間で、暖かく過ごしていただけているだろう。
(ノジモク設計室 / 濱田直子)

住まい手の声

2月の冬の時期でも朝起きた時の室内は寒くなく、バタバタと家事をこなしていると、薪ストーブをつけるのが夕方になっているほど(笑)、温かい住まいに満足しています。

桧の床板の肌触りの良さは子供が一番気に入っていて、常に裸足で過ごし、回遊できる広々とした空間を駆け回っています。

木材仕様

構造材・端柄材

杉 桧

造作材

杉  源平上小、桧 上小

階段材

杉 上小

造作家具用材

杉  のじもくまのパネル(巾接ぎパネル)

床板

[1階]桧  ム・上 巾65㎜×厚15㎜ 蜜ロウ・ワックス塗装

[2階]杉 源平ム・上 巾105㎜×厚15㎜ 蜜ロウ・ワックス塗装

天井板

[1階]桧 HInokinoHI ム・上 巾120㎜×厚15㎜

[2階]杉 源平ム・上 巾150㎜×厚15㎜  

建具用板材

杉 源平ムジ 巾105㎜×厚12㎜ 両面化粧 両面突付加工

軒天材

杉 源平生節(埋木) 巾150㎜×厚12㎜ 本実突付サネ長タイプ 粗仕上げ

外壁材

杉 源平生節(埋木) 巾150㎜×厚12㎜ 本実突付サネ長タイプ 粗仕上げ
ノンロット塗装

関連事例

フローリング

エンガワハウス

nLDK一級建築士事務所
#フローリング #内装材 #巾接ぎパネル

フローリング

熊野の家/リノベーション

ノジモク設計事務所
#フローリング  #内装材 #外壁材 #天井板・壁板 #巾接ぎパネル #構造材

フローリング

奥出雲の家

中山建築設計事務所
#フローリング