日本の山と住まいをつくる

杉と桧と住まいをつくる

日本の山と住まいをつくる

納入事例

コンセプト

六甲山の北麓の森に建つ小さな別荘。

単純な形の箱に敷地の傾斜に沿った片流れの屋根をかけ、森に突き出した先端をガラス張りの開放的なリビングとし、荒々しい自然素材を用いることで、外ですごしているような空間となるよう計画した。

大人数でも利用できるよう寝室は2段ベッドとタタミの部屋を設け、浴室や水廻りも普通の家とは違う形とすることで、都市を離れ、自然の中で非日常的時間をすごす醍醐味が味わえるように計画した。(横内敏人建築設計事務所 / 横内敏人)

住まい手の声、暮らしの感想

導入させてもらった源平の杉材や檜が、毎日使うことによって少しずつ経年変化する様が、自分達と共に、家や木も育つように感じ、竣工した後も〝家を育てる〟という価値観が生まれました。

それが我々の静かな喜びとなっています。
これまでも店舗を作る際などで、様々な無垢の木材を使ってきましたが、今回の桧や杉は、産地の違いなのか、どういう理屈かはわかりませんが、これまで使ってきた材よりも、切りたての生木の断面を思わせる独特の潤いがあるため、人肌によく馴染みとても柔らかく、この家に帰るのが毎日楽しいです。

 

木材仕様

化粧野地板

杉 源平ム・上 巾150㎜×厚12㎜

床材

[階段室・収納・寝室]桧  ム・上 巾120㎜×厚15㎜ 

階段材

桧 上小

外部戸袋用

杉 源平ム・上 巾155㎜×厚12㎜

天井板・壁板

[浴室]桧  ムジ 巾105㎜×厚12㎜

今回森の中に佇む建物であることから、イメージされている空間に馴染むよう、化粧野地板は加工形状や色合いについてご要望をいただきました。

打ち合わせをさせていただきながら仕様をかため、既製品をカスタマイズし製作。

材の選別は大変でしたが、杉赤身の深い色合いが借景とよく馴染んでいる様子を見て嬉しく思いました。

階段材や寝室の床板は桧で製作。

節の少ない「ム・上」材でオーダーいただき、清潔感のある清々しい存在感となっています。


撮影

小川重雄

関連事例

フローリング

六甲の森の家

横内敏人建築設計事務所
#フローリング #天井板・壁板 #内装材 

フローリング

エンガワハウス

nLDK一級建築士事務所
#フローリング  #内装材 #巾接ぎパネル

フローリング

熊野の家/リノベーション

ノジモク設計事務所
#フローリング  #内装材 #外壁材 #天井板・壁板 #巾接ぎパネル #構造材